ドイツ視察報告
はじめに
住みやすい日本を! 更新日 2001/02/13 掲載日 2000/10/01
作りましょう!

「室内環境対策の最前線」ドイツ視察ツアー・レポート

このレポートは協会のライターをしてくださっている木村元紀氏の執筆によるものです。 木村氏もドイツ視察旅行に参加されました。そのときの膨大な資料を整理しながら 6回にわけて連載の予定です。
アメリカ視察報告を見る  「環境施設創設に向けて」に戻る
★はじめに
IFU正面 2000年3月6日から5泊6日間の日程で、生活環境協会・伊藤彰彦代表 ほか10名による「室内環境対策の最前線」ドイツ視察ツアーが実施された。 目的は、ヨーロッパの中でも環境対策の進んでいるドイツにおける室内環境問 題への取り組み、アレルギーや化学物質過敏症(MCS:Multi Chemical Sensibility )の現状などを調査すること。また、生活環境協会が計画している環境施設に関 する意見交換もテーマの一つである。一行は、まずフランクフルトでエコハウス とそれを手がけた建築事務所を見学した後、自然素材の建築材料を扱う会社を視 察。次に、バード・エムスタールの環境医学研究所(独語略:IFU。英語名: Institute for Environmental Diseases)を訪問。同地はクアハウス(温泉治療センタ ー)を併設し、アレルギーや化学物質過敏症の患者の療養と治療を兼ねた環境施 設である。そして、最後にベルリンのエコ建築、シックビルディング対策の視察 を行なった。
今回のツアーを、6章に分けて全体を概括する。視察の順番とは前後するが、 本ツアーの主目的である環境医学研究所の内容から始めたい。

第1章. ルノー博士のレクチャー・臨床環境学とドイツの現状
第2章. ルノー博士のレクチャー・化学物質と「キレる子供」の問題
第3章. 環境医学研究所の治療システムと建築対策、そして環境施設
第4章. 市長会見とクアハウス概略
第5章. フランクフルト・エコハウスと自然素材の建築材
第6章. ベルリン・エコ建築
アメリカ視察報告を見る  「環境施設創設に向けて」に戻る



このページは、特定非営利活動法人 生活環境協会が提供しています。