家具について
住みやすい日本を! 更新日 2002/09/27
 掲載日 2002/09/27
作りましょう!

2.家具について
現在使われている家具は合板で作られたり、ムク材使用と書かれてあっても集成材や一部に合板が使われているものがほとんどです。また塗装は石油系の塗装が使われています。
このためホルムアルデヒドやトルエン、キシレン等の多種類の化学物質が放散され室内空気汚染の大きな要因になっています。
家具を購入してシックハウス症候群になってしまったと言う相談もたびたびあります。

その為、この度全てムク材で家具を作りました。
勿論シックハウス症候群の方でも使えます。ムク材の材質についてはシックハウス症候群の方に配慮し、ブナの木、ほうの木、杉、桧などを使い、塗装については無塗装と自然塗料と両方に対応しています。写真は一例ですのでその他のご希望があればご相談ください。
食器棚
本箱
タンス・チェスト
問合せ先  みつ和総合環境研究所  0426−70−8648
              
(お電話の際は、生活環境協会のHPを見たとお伝えください)
           生活環境協会 E-mail consulting@mvb.biglobe.ne.jp



このページは、特定非営利活動法人 生活環境協会が提供しています。