相談内容と回答
住みやすい日本を!

掲載日 2005/10/28

作りましょう!

相談一覧に戻る

受付日 回答日 見出し
H17年6月14日 H17年6月16日 シックハウスと診断されたが、新築の家を建てることになり心配です
質問/回答
[質問]
 初めまして。 新築の家の相談をしたいと思い、メールしています。

 元々アレルギー体質だった私ですが、家を新築で建てる計画があり、モデルハウスなどをまわっていたところ、少しかゆかったりなどの違和感を感じていました。 それが昨年の8月、9月くらいのことです。その後、化学物質に対するはっきりした反応が出たのが3月から。4月に北里研究所病院にいって「化学物質過敏症」と診断されました。

 実は仮契約している工務店さんがあるのですが、はっきりとした化学物質過敏症という診断を受け、工務店さんのほうも困惑されてるようです。
元々無垢材を使ったり、壁紙は絶対ビニル壁紙は使わないと一般のハウスメーカーさんに比べればこだわりもあります。
でも、完全な健康住宅ではなく、無垢の床材の下にはF☆☆☆☆の合板を使ってますし、 壁紙の接着剤もルーアマイルドです。
無垢の床材と合板の間にはビニールのシートを入れるそうです。
一番触れる床板が無垢でも、その下に合板があったら、やはり揮発して住んでいる人にかなり影響があるのでしょうか?
断熱材がセルロースファイバーというのも気になる点です。
(まだ症状が軽くCSを疑っていた段階では、そこで使うセルロースファイバーには反応しませんでした。セルロースファイバーの中では、原料となる紙のインクを大豆インクだけのものとこだわっているものを選んだとの事でした。)
アレルギーの方を対称に家を作ったことはあっても、化学物質過敏症の人の家は始めてのようです。 その点で私自身も不安だし、工務店さんももしものことがあってはと不安だと思うのです。

  生活環境協会のHPで紹介している みつ和総合環境研究所では、化学物質過敏症の方向けのリフォームや新築の家を建てているそうですが、実際工事が終わり、住んでいる方はその後どのような感じなのか?家の中では快適に過ごせているのか?などお聞きになっていましたらお教えください。 (みつ和総合環境研究所さんへ直接お聞きするのは失礼かと思いまして、ご存知でしたらお聞かせください。唐突な質問で申し訳ないです…。でも、一番気になるところです。)
家が出来、普通に平穏に暮らす…それだけが私のささやかな、でも、困難な夢です。自分が健康に暮らせる家が出来るのか?それが一番心配な点です。

 また、もし、幸運なことに自分が健康に暮らせる家が出来たとして、天然素材ゆえ腐りやすかったり、カビやすかったり…という点も心配です。 メンテナンスをきちんとしていれば、大丈夫なものなのでしょうか? 質問ばかりですみません。
お忙しいところ申し訳ないですが、お答えいただけると助かります。

[回答]
 あなたの相談を直接みつ和総合環境研究所にお答えいただくようお願いいたしました。以下みつ和総合環境研究所からの回答です。

 化学物質過敏症の患者さんということになると、個人差が大きすぎてメールでお答えすることは難しいです。文字だけであなたの症状や反応する物、また疑問に思っていることをアドバイスすることは無理があります。
医者ですら、病状を診断するのにメールではしないでしょう。直接話を聞き、その声や雰囲気、また細かいニュアンスなどをじっくり聞き診断します。このたびの事も同じです。 まして家ということになるとあなたの問いかけ(メール)をどの様に捕らえお答えしていいかわかりません。そこで、アドバイスというよりあなたからの質問のみにお答えします。


<一番触れる床板が無垢でも、その下に合板があったら、やはり揮発して住んでいる人にかなり影響があるのでしょうか?>

 影響があることは確かです。過去にもそのような工事のやり直しをしたことがあります。患者さんご自身が「ムクのフローリングを張ったはずなのに床がおかしい」とおっしゃるので、解体してみたら下地が合板でした。
また、<かなり影響が>とありますがかなりがあいまいな表現なのでお答えできません。化学物質過敏症は個人差があるので、「あなたにとってどうなのか」が大切なところです。

<新築の家を建てているそうですが、実際工事が終わり、住んでいる方はその後どのような感じですか?>

 今まで家から受けていた負荷はなくなります。しかしこの負荷がなにから受けるのかは本人も良くわからないのが実情です。必ずしも家だけではありません。
したがって<家の中では快適に過ごせているのでしょうか?>快適とはいかないかもしれません。家が完璧でもそれ以外からの影響も受けている可能性があるからです。
私も快適な家を作って欲しいといわれればお断りいたします。医者でも化学物質過敏症の治療が難しいのに、快適を約束するには無理があります。

ただ長年の経験でよりベターなことはできます。ちなみに過去の工事でクレームはありません。

<家が出来、普通に平穏に暮らす…それだけが私のささやかな、でも、困難な夢です。>

業者選びで全てが決まります。経験豊富な業者でないと難しいでしょう。

<また、もし、幸運なことに自分が健康に暮らせる家が出来たとして、天然素材ゆえ腐りやすかったり、カビやすかったり…という点も心配です。>

 お気持ちは分かりますが、よくばりすぎです。たとえばシロアリ対策では防蟻処理をするのが一番です。しかし、人にも害があります。そこで害の無い方法が幾つかありますが、私どもで行う工法では、防蟻効果は一番ないでしょう。しかし定期点検をしてチェックすれば問題はありません。また費用をかければ方法は幾つかあります。

<メンテナンスをきちんとしていれば、大丈夫なものなのでしょうか?>

 何処までを大丈夫と思っていらっしゃいますか。 断片的な答えになりましたが、今のままでは不安があります。 あなた自身、何処をどの様にやればいいのかが分かっていないようです。また、業者もあなたの不安や工事方法についてアドバイスが出来ていないと思います。 お互いアバウトなところで進んでいるように見受けられます。

[お返事]
 先日は丁寧なお返事を頂き、ありがとうございました。相談にのっていただいた○○です。自己紹介もせず、御礼のメールも遅れ、申し訳ありませんでした。
名前は○○と申します。化学物質過敏症の中では軽いほうではないかな?と自分では思っています。症状を悪化させないために外出は控えていますが、家の中ではほぼ快適に過ごしていて、時々自分がCSだと言うことを忘れてしまうほどです。 時々、除草剤散布、シックハウスなどに出くわすと、やはり私はCSだったんだと思い知らされます。

< 化学物質過敏症の患者さんということになると、個人差が大きすぎてメールでお答えすることは難しいです。>
<文字だけであなたの症状や反応する物、また疑問に思っていることをアドバイスすることは無理があります。>
< 医者ですら、病状を診断するのにメールではしないでしょう。直接話を聞き、その声や雰囲気、また細かいニュアンスなどをじっくり聞き診断します。このたびの事も同じです。>

 本当にそうですね。 私事ですが、仮契約している工務店がありまして、CSと確定診断された途端、連絡が来なくなってしまい、もうどうしていいか分からず、専門的な方の話が聞きたく、まずはメールで相談してみようとにメールしてしまいました。今考えると答えづらい漠然とした質問ばかりだったと思います。
そんな中失礼な質問に真剣に回答してくださったみつ和さんに本当に感謝しています。 次に相談する時は、直接そちらに伺いたいと思います。

<一番触れる床板が無垢でも、その下に合板があったら、やはり揮発して住んでいる人にかなり影響があるのでしょうか?>

 やはり影響があるのですね…。お答え、ありがとうございます。合板については、今住んでいる社宅が合板なのですが、ほとんど反応していません。
ただ、築7年なので、そのせいもあるかと思います。建材も合板、ビニル壁紙等全然気を使ってないものですが、家の中では比較的体調が良いです。
ただ、梅雨に入ってから少し体が重いので、全く反応していないわけでは無いようです。また、主人が家の中だと体が疲れるというのが気になる点です。 (主人は専門医に見てもらっていません)

<新築の家を建てているそうですが、実際工事が終わり、住んでいる方はその後どのような感じですか?>

 確かにそうですね。快適にというのは無理があるのかもしれません…。ベストではなく、ベター、私が目指すべきところもそこなのかもしれないです。 <家が出来、普通に平穏に暮らす… それだけが私のささやかな、でも、困難な夢です。>

 業者選びですか…。 私の中では仮契約した工務店はもう…と思っていますが、主人は今でもそこで建てたいと思っています。
確かに素材選びなど、丁寧に付き合ってくれてはいたのです。 夫婦で、また工務店さんと納得行くまで話してみます。ありがとうございます。

<また、もし、幸運なことに自分が健康に暮らせる家が出来たとして、天然素材ゆえ腐りやすかったり、カビやすかったり…という点も心配です。>

 本当に欲張りでしたね!どこかまだ自分がCSという自覚が足りないんだと思います。でも、みつ和さんにコメントを頂いて、吹っ切れました。
まずは、自分が住める家を目指して、何とか大丈夫な素材を選んで行きたいです。 丁寧なお返事を頂いたこと、本当に感謝しています。家作り、くじけてしまいそうでしたが、みつ和さんからの御返事を頂き、 もう一度歩き始めることが出来ました。
本当にありがとうございました。直接相談に伺うこともあるかもしれませんが、その時はどうかよろしくお願いいたします。


相談一覧に戻る



このページは、特定非営利活動法人 生活環境協会が提供しています。