相談内容と回答
住みやすい日本を! 掲載日 2004/12/21
作りましょう!

相談一覧に戻る

受付日 回答日 見出し
H16年11月1日 H16年11月1日 学校の仮設プレハブ校舎に移ったところ、シックハウスらしき症状が・・・
質問/回答
[質問]
はじめまして。 ○○市で教員をしている者です。
校舎の耐震工事のために、運動場に建てられたプレハブ校舎に移ったところ、
息苦しさ、目の痛み、鼻の奥の痛みを感じるようになりました。
生徒数名も目がかゆい、くしゃみが出る等の反応があるようです。
これもやはり、シックハウス症候群と考えられるのでしょうか?
またどのような対策があるのでしょうか?
アドバイスいただけたら幸いです。
[回答]
仮設校舎の状況がよく分かりませんが、おそらくシックハウス対策を施した校舎では無いと思いますので、症状から考えますとシックハウス症候群と考えた方がよいでしょう。
対策は換気をすることが第一と考えます。窓を開け放して授業をなさるくらいの換気が望ましいと思います。
当然今の時期寒さを感じると思いますが、防寒具を着ての授業しか方法はありません。
なぜなら、ある程度の換気でも症状が治まる生徒は多いと思いますが、残りの1人2人は症状が改善せず、逆に悪化すると言う事も考えられます。そうなると学校なり、先生の責任を問われることにもなりかねません。

この問題はシックハウス症候群を発症してから後の教育委員会なり学校の対応の不手際が問題に発展します。シックハウス症候群を甘くみないで慎重に対応してください。そう言う意味ではその校舎を使用しないことが1番です。当面授業が出来ない等の問題は残りますが、それよりこの先症状が悪化することを避ける方が肝心でしょう。

昨年7月に建築基準法が改正され、シックハウス症候群の加害者責任が大きく問われるようになりました。あなたも先生として症状を感じている訳ですから被害者にもなりますが先生としての責任も問われる事になると思います。
毅然とした態度で学校側を説得してください。
何かお役に立つことがありましたら、メールなりTELをください。お手伝い致します。

[お返事] 11月2日
早速のご返答ありがとうございました。
仮設校舎には、シックハウス対策のための換気扇(家庭用程度?が各教室に2個)が設置されています。また、シックハウスの環境測定(生徒入室前実施)をその後確認しましたが、結果を見るとホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、パラジクロロベンゼン、スチレンの値はすべて室内濃度指針値(基準値)未満となっています。

一つ質問なのですが,吸着剤のようなものや,観葉植物等がシックハウスに対してどれほどの効果はあるのでしょうか?状況によって違うのかもしれませんが,焼け石に水程度なのでしょうか?
 

現在は,日中の気温も比較的高く,日中は窓を開放した状態で授業が行えますが,これから寒くなるので,早急な対応をしなければと考えています。
生徒と私の不調を訴えたところ,教頭の口からは,「24時間換気扇を回して・・・(まではよかったのですが)あとはどうしようもないので”我慢”・・・」という信じられない言葉が返ってきました。
アドバイスしていただいたように,シックハウス症候群を甘く見ず,慎重かつ毅然とした態度で対応に望みたいと思います。
しまたお力をお借りすることもあるかもしれませんが,そのときはよろしくお願い致します。

[回答] 11月2日
室内濃度指針値未満ということですが、測定の仕方によって値はかなり違います。それだけ測定は難しいと言うことです。
私どもや室内環境学会では測定を居住者にとって最悪の条件を考えて測定するように考えております。
文部科学省の学校衛生基準では測定5時間前、窓を開放その後窓をしめて5時間後に測定と言う方法をとっていると思われますが、この方法では室内濃度の最高値にはなりません。したがって私どもでは学校の場合、金曜日の授業が終わった段階で教室を閉め切り土、日に閉鎖した状態で月曜日の授業開始前に測定する方法が良いと考えております。
また測定をした値が指針値未満でもシックハウス症候群になることもあります。さらに測定した化学物質以外、約90種類もの化学物質が室内に存在すると考えますが、それらの影響とも考えられます。

測定値の値も目安としては意味がありますが、現実にシックハウス症候群になってしまった事の方が重要で、その対策が急務でしょう。
吸着剤(光触媒とかその他触媒を使い分解するもの)は室内環境学会では認められておりません。それは分解後どのような物質に化学変化するのかが立証されていないからです。世の中、いいことは言いますがその反対の悪いことは言わないのが通例です。
観葉植物や炭などは吸着はしますがあまり効果は期待しない方がよいでしょう。
しかし教室の容積の1/3くらい炭を入れればある程度効果があると思われます。

多くの方が我慢とか、しばらくすれば治まるとか簡単に考えますが、それはシックハウス症候群の恐ろしさを知らないからです。
また換気もその仕方によって換気になっていないことがよくあります。換気回数1回とは室内の全ての空気が外の空気と入れ替わることをいいます。ところが必ず澱みがあり入れ替わる所と替わらないところがでてきます。換気扇にたよるのも問題があります。教頭先生も換気扇を回しているから大丈夫と言う安易に考えておられるのでしょう。あなたは我慢しないで下さい。

相談一覧に戻る



このページは、特定非営利活動法人 生活環境協会が提供しています。