相談内容と回答
住みやすい日本を! 掲載日 2003/09/07
作りましょう!

相談一覧に戻る

受付日 回答日 見出し
H15年7月14日H15年7月14日 介護付き高齢者住宅でシックハウスになりました
質問/回答
[質問]
介護つき高齢者住宅に住んでいます。2003年4月実施された隣室のリフォームが直接の原因でシックハウス症候群に罹患しました。
部屋には2002年5月から居住。部屋の床からホルムアルデヒドが指針値を超える0.127ppm発生源と特定。

(質問1)
床を剥がして新しくする工事を実施する際、リフォームした隣室(ホルムアルデヒド発生、現在空室)にこの工事中の間、所有の家具類等をおいても問題はありませんか?住宅管理者からそうするように言われていますが、大変不安です。

(質問2)
部屋の壁クロスやその他からも指針値以下ですが、ホルムアルデヒドが0.05ppm前後出ています。トータルとして部屋のホルムアルデヒドの濃度が上がるのであれば、これらもノンホルムアルデヒドの資材に換えることが重要になりますか?

(質問3)
住んでいる住宅は築8年の10階建ての建物です。8年経過してなおホルムアルデヒドが発生しているので、建物自体の環境・空気汚染が大変気になります。
シックハウス症候群に罹患するまでは、気にならずに住んできましたが、今後、換気はもちろんですが、主に何に注意をして居住すればよいでしょうか、アドバイスをお願いします。
また、住宅管理者に具体的にどういう要請をすればわかってもらえるで しょうか? 以上どうぞ宜しくお願いします。
[回答]
(回答1)
所有の家具からホルムアルデヒドがどの程度出ているかにもよりますが、リフォームした部屋のホルムアルデヒドが家具に移りますので、置くことはあまり進められません。
化学物質が移ると言う事を住宅管理者は知っていますか?

(回答2)
勿論換えることが重要になります。部屋は繋がっているので、どうしても化学物質の濃度は上がります。また化学物質はホルムアルデヒドだけではありませんので、その他の化学物質にも反応すると思われます、如何でしょうか。

(回答3)
建物内装は勿論ですが、家具、備品、衣類等にも注意を払い、化学物質が出ている恐れのあるものは処分した方がいいでしょう。
荷物など生活用品を整理して最小限で生活した方がよいと思います。ほかの化学物質過敏症患者は荷物をかなり整理してます。
住宅管理者がシックハウス症候群に対してどの程度知識があるかわかりませんので、根気よく説明、説得を繰り返すことです。医者の診断書を提示するのも病人である証拠になります。

相談一覧に戻る



このページは、特定非営利活動法人 生活環境協会が提供しています。