生活環境協会について
住みやすい日本を! 更新日 2004/04/02 掲載日 2000/10/01
作りましょう!

目的はなに?
[活動目的] 安全な生活環境を守るために

私たちは、生活者の安全な生活環境を守るために、行政と現実のギャップを埋める 潤滑油の役目を果たしたいと願っています。

いま、衣食住という生活の基本が、知らず知らずに化学物質などによって汚染されてしまっています。 その事実はかなり専門的な内容で語られることが多いので、一般生活者の耳には なかなか届いていません。また政府行政も最近ようやくその実体の深刻さに気がついた ところです。企業にいたっては、安全な製品を供給するといった意識は薄く、情報開示 もほとんどされていないのが実状です。 こうした現状をふまえて、私たちは生活者と、行政と、企業とに働きかけていきます。
詳しくは設立趣旨をご覧ください。

また、私たちの活動は特に生活者のみなさまの支援を必要としています。
「ネット会員募集ページ」をご覧になり、ぜひご協力をお願いいたします。

どんなことをしているの?
[活動の柱1] 生活者への支援
まず生活者のみなさまに、’わかりやすく的確な’を心がけて情報提供を行っています。 そして具体的な支援策として、生活者無料相談を行っています。

環境ニュース 関連団体、政府行政、マスコミなどに公表されたニュースを適時ピックアップして わかりやすく解説します。

環境知識講座 よく出る専門用語の解説、アドバイザーの論文、などで、基礎知識 をわかりやすく提供します。

相談コーナー 生活者のための無料相談を受け付けています。専門知識を持った相談員が回答いたします。

セミナー/講演会の開催 年に数回ですが専門家の先生をお招きして生活者セミナー・講演会を開催します。また、同時に 関連情報の展示会も開催する場合があります。また生活環境関連のセミナー企画を応援しています。 詳しくは セミナー企画応援のご案内をご覧ください。
[活動の柱2] 地方公共団体への働きかけ
環境病、特に住宅環境に起因する症状は生活の環境そのものを変えないと治らないのですが、 住む環境を変えるのは普通には大変なことです。 生活環境協会では、アトピーやシックハウスの症状に悩む人々が、安心して長期間生活できる 環境施設の建設運動を進めています。 これには、良好な環境にある、かなり広い土地と、莫大な建設費と維持費用がかかり、 地方公共団体の協力なしには達成できません。
詳しくは環境施設の建設にむけてをご覧ください。

[活動の柱3] 企業サイドへの働きかけ
わたしたちは、安全な建材の開発と流通を促して、生活者にとって有害な環境を少しでも 改善するため、独自のガイドラインに基づいた「認定」を行なうべく準備を進めております。

ただいま安全な建材の認定(ただいま準備中です) に関するご意見、ご希望を受け付けております。

あなたはだれ?
[組織]  NPO法人です

私たちの組織「生活環境協会」は俗に言うNPO法(特定非営利活動促進法)に基づいて 、社会貢献を目的とした、非営利の法人です。
NPOについて詳しくはNPOって何? をご覧ください。

「生活環境協会」は平成12年3月に東京都より認証を受けました。

[組織]  自己紹介

協会の歩み
...協会活動の足跡をご紹介します
協会理事紹介
...協会をともに立ち上げた理事のみなさん
事務局スタッフ紹介
...協会事務を一手に引き受けている頼もしいスタッフ
アドバイザー紹介
...協会活動を裏でバックアップしている専門家の先生方
定款
ホームページ運営の方針


なを、私たち生活環境協会は、 室内環境学会と 日本臨床環境医学会の後援をいただいています。 また、目的を同じにする各種団体との連携、交流も視野に入れています。 詳しくは関連リンクをご覧ください。

[組織]  連絡先

生活環境協会では、生活者のみなさまからのお問い合わせを常に受け付けています。 お気軽にどうぞ。
また、環境問題にたずさわる地方公共団体のご担当者、生活環境に関心のある 企業関係のご担当者からのお問い合わせも歓迎しております。

注)できるだけEメールを使っていただけると助かります。
生活環境協会
事務局

 

Eメール
info@seikatsukankyo.or.jp

[24時間受け付けています]

なお、各支部の所在地はつぎのようになっております。
関西支部 京都市北区紫野東藤ノ森町17−1
九州宮崎支部 宮崎県宮崎市大塚町権現昔823−1
福島事務局 福島県郡山市並木5丁目14−16



このページは、特定非営利活動法人 生活環境協会が提供しています。